介護リフォームのポイントや、快適に介護する為のお家づくりに密着したサイト

入浴介助するなら、どんな住宅改修が必要?

一人での入浴が難しくなったら入浴介助が必要になりますが、高齢者の入浴介助をスムーズに行いたいなら既存の浴室だと介助する際に不便を感じる可能性が高いので介護リフォームを検討すると良いでしょう。

浴室の介護リフォームでは浴室と脱衣所の段差を無くしたり、ヒートショックを避けるために暖房乾燥機を導入したり、立ち座りがしやすくなるように手すりを取り付けたり、浴槽の底上げをするなどの方法がありますよ。

高齢者の介護度に合わせて最適な介護リフォームを行い、必要に応じて浴室で使える福祉用具を導入するのも効果的です。

高齢者の残存機能を活かしつつ、必要なら一部介助を行なって入浴してもらいましょう。

自宅での入浴介助が難しい場合は、訪問入浴介助サービスを利用するという選択肢もありますよ。

関連記事