介護リフォームのポイントや、快適に介護する為のお家づくりに密着したサイト

在宅介護するなら、どんな住宅改修をしておくべき?

在宅介護を検討しているなら、高齢者が住みやすく介助者が介護しやすくなるように自宅の介護リフォームを行うと良いでしょう。

介護リフォームは介護保険が利用できるため1割負担で改修する事ができますし、手すりは立ち座りの動作が難しい高齢者にとって必需品ですから、玄関や浴室、階段やトイレなど必要な箇所に設置しましょう。

手すりは使用する高齢者の体格に合わせて縦横それぞれのタイプを設置すると、快適な動作がしやすくなりますよ。

扉は開き戸だと車椅子での移動が難しくて介助もしづらいですが、引き戸や折れ戸へ変更する事によってスペースを広く使用する事ができるのです。

高齢者が安心して安全に生活できるように自宅の介護リフォームを行いましょう。

関連記事