介護リフォームのポイントや、快適に介護する為のお家づくりに密着したサイト

介護リフォームではどんな補助金があるのか?

介護リフォームを行う際には補助金を利用できる可能性がありますよ。

介護保険は、要支援や要介護の認定を受けた高齢者であれば利用する事ができる20万円までが上限の補助金で、9割が支給されるため1割負担で介護リフォームができるのです。

介護の認定を受けた人が住んでいる住所で、高齢者が実際に住んでいれば適用されるでしょう。

全てのリフォームが対象になるわけではなく、手すりの設置や段差解消など介護リフォームのみ適用されるため、リフォーム前に適用の有無を確認したり、ケアマネジャーに相談して申請しておくと良いでしょう。

介護保険の他に、自治体からの助成金を利用する方法もあり、自治体によって金額が異なりますので、お住いの自治体に確認してみましょう。

関連記事