介護リフォームのポイントや、快適に介護する為のお家づくりに密着したサイト

介護リフォームで手すりを取り付けよう!

介護保険を活用すれば、介護リフォームで手すりを取り付ける事ができますよ。

手すりを設置する事によって高齢者の移動をスムーズにしたり、転倒防止効果が期待できるのです。

介護保険では自己負担額は異なりますが、支給限度額20万円で介護リフォームを行う事ができますので、介護リフォームを考えている方はケアマネージャーに相談してみると良いでしょう。

使い勝手を良くするためには、手すりを使用する高齢者の身長や体の状況に合わせて設置したり、転倒リスクがある場所に設置する事も大切ですよ。

手すりの材質や形状にも色々と種類があり、それぞれにメリットとデメリットがありますので、業者と相談して最適な手すりを選びましょう。

手すりは福祉用具として購入だけでなくレンタルできる場合もありますので、福祉用具専門員に相談してみると良いでしょう。

関連記事