介護リフォームのポイントや、快適に介護する為のお家づくりに密着したサイト

介護リフォームに最適なタイミングとは?

自宅に住んでいる高齢者が快適に過ごせるように介護リフォームを行う事が大切ですが、どんなタイミングでリフォームを行えば良いのでしょうか?

介護保険証に書かれている住所の介護リフォームが対象ですし、要介護認定を受けていない人がリフォームをしても対象外になるという事ですから注意しましょう。

手すりの取り付けや段差の解消、扉や便器の交換や床材などの材料の変更、必要な下地工事も介護に必要なリフォームですから対象になっているという事なのです。

しかし、現在の洋式トイレをウォシュレット付きの洋式トイレへ変更するのは給付金の対象にならないので注意しましょう。

ケアマネージャーに相談して補助金の申請を行い、自宅の介護リフォームを行いましょう。

関連記事