トイレの介護リフォームについて

自宅のトイレ環境を使い勝手が良くなるようにリフォームして整備するなら、どんな事に気をつければ良いのでしょうか?

就寝時の寝室よりも明るい照明を使う事によって、トイレの場所をすぐ見つけやすいですし、危なげなく移動できるのです。

トイレ介助が必要な場合にはトイレの前方か横側に介助スペースを設置すると良いのだそうです。

トイレの扉は内開きや外開きではなく、引き戸を採用すると安定した姿勢で開け閉めを行う事ができますよ。

手すりは利用する人の体に合わせて設置しますが、L字型の手すりは健側に設置すると使用しやすくて、縦型の手すりは便座よりも少し前方に設置して、トイレットペーパーのホルダーは10cmくらい前方にあると良いのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事