介護リフォームのポイントや、快適に介護する為のお家づくりに密着したサイト

カテゴリー:介護リフォーム

介護リフォームで介護保険給付が受けるなら

介護保険で住宅改修をしようと考えているなら、正しい知識を身につけておくと良いでしょう。 滑りやすい床を歩くのは危ないですから、滑りにくい床材に変更する事もできますし、手すりを取り付けるなら、壁の下地を補強する事によって安定感と安心感が…

詳細を見る

必要な住宅改修と介護用具

高齢者が自宅で暮らすための環境を整えるためには、福祉用具の購入や貸与がオススメですよ。 福祉用具の貸与は、日常生活動作の自立をサポートするための福祉用具をレンタルするというサービスですが、利用するためにはケアプランを作成してもらう必要…

詳細を見る

バリアフリーの介護リフォームにはどんなのがある?

自宅での介護など将来を考えているなら、介護リフォームでバリアフリーの工事を行い快適に過ごしましょう。 介護リフォームでは、車椅子でも出入りできるように玄関などにスロープを設置したり、転倒防止のために段差を取り除いたり、開きドアから引き…

詳細を見る

介護リフォームの重要性とは?

片麻痺など身体的な状態によっては普通のトイレなどを利用するのは難しいですから、介護リフォームで使いやすいように改善する事が大切なのです。 麻痺がある場合には、トイレでは座るときも立ち上がる時も支えになる手すりがなければ動作が難しいです…

詳細を見る

浴室に手すりを取り付けてみよう!

滑りやすくて危ない浴室には、後付けの手すりを取り付けるのがオススメですから、浴室の広さや利用する人の体格に合わせて手すりを選びましょう。 利用する人の身長に合わせて取り付ける位置を決めたら、壁に穴を開けるのですが手すりを固定するために…

詳細を見る

介護保険制度を活用してリフォームしよう

介護保険制度を利用して介護リフォームしようと考えているなら、ぜひ知っておくべき知識がありますのでご紹介いたします。 この制度を活用する事により、1割負担で自宅をバリアフリーにすることができるようになりますし、安全かつ快適な生活環境を作…

詳細を見る

ベスポジeの手すりで介護リフォーム

手すりを自宅に設置していると、移動や移乗がスムーズになってとても便利ですよ。 このベスポジeは天井と床に縦に突っ張て固定するだけなので、誰でも簡単に設置することができますし、握りやすいようアーム部分がウェーブ状になっていますので手の力…

詳細を見る

介護リフォームについて考えよう

日本では平均寿命が長いですが、健康寿命はそれよりも9〜13年程度少ないそうです。 つまり、9〜13年程度は介護を受けながらの生活を送っている人も多いということですが、老後に在宅で生活したいという方には暮らしやすくするために介護リフォームを…

詳細を見る

介護保険制度を利用しよう

介護リフォームを利用するなら介護保険制度の居宅サービスの保険給付を活用するのがオススメですが、住宅改修は利用者が直接受けるのではなく、住んでいる住宅を介護しやすいよう改修するのです。 サービス内容としては、自宅の小規模な改修のみですか…

詳細を見る

介護改修のポイントとは

片麻痺など、高齢に伴い体を動かすことが困難になってきたなら住宅改修がオススメですから、手すりやトイレやお風呂など日常的に使用する部分を介護改修してみてはいかがでしょう。 玄関では、靴を脱ぐのが苦手という人には段差を利用することにより、…

詳細を見る