リフォームには介護保険を活用しよう

在宅介護のために、自宅をバリアフリーにリフォームしようと考えている方もいるかもしれませんが、介護保険制度を活用してリフォームすることができますので、ぜひ参考にして実践しましょう。

介護保険は日常生活を送る上で支援が必要な高齢者が、自立した生活が送れるように介護サービスを利用する上で保険給付を受けられるという制度であり、65歳以上の第1号被保険者や40歳から64歳までの医療保険に加入している第2号被保険者も該当しております。

介護保険なので、高性能なキッチンに変えるなどのリフォームではなく、高齢者向けのリフォームにのみ該当しますよ。

1人につき介護保険の支給上限額は20万円であり、費用の1割は自己負担になりますので注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事