介護保険サービスにおける住環境の整備

介護のしやすい住環境を踏まえた上で、日本の住宅の特徴と問題点を挙げると、まずは住宅内に段差が多いことが挙げられます。
敷居の段差が多いことで、車椅子や歩行器を使った屋内の移動がしにくいのが問題でしょう。

また、和式の生活様式は床座の生活が中心ですので、例えば今は少ないですが和式トイレでしゃがむ必要があったり、浴槽には跨いで入らなければならない等、高齢者が行なうには不向きな動作が多くあるのが特徴です。
更に廊下が狭いのも日本住宅の特徴で、土地の狭さや増築の行ないにくさが拍車をかけ、全体的に福祉用具の利用がしにくいです。

こうした日本の住宅にお住まいの場合には、住宅を改修する必要が出てきます。
住宅を改修し介護の行ないやすい環境を作ることで、被介護者の心身の自立にも繋がりますし、介護量が軽減したり、最終的には家族関係が円滑になるということも珍しくありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事