介護リフォームで起こりうるトラブルと解決方法

高齢や障害などの要因で、体が思うように動かせにくくなった場合には、住宅でもスムーズに生活するために、介護保険を使ってリフォームをするのがオススメですよ。

介護保険を使って申請を行い、業者に依頼してリフォーム工事を行う段階で、被保険者が入院してしまうと工事を行うことができないので、工事する場合には退院後になります。

もし入院先で被保険者がお亡くなりになってしまった場合には、工事自体なくなり中止になりますが、請け負っている業者は必要な準備を終えている状態になっていますので、返品手数料が発生してトラブルになることが考えられるのです。

お客様に請求する可能性もありますので、事前にトラブルを防ぐために、被保険者やその家族が介護リフォームの契約前に確認しておくことも大切ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事