福祉住環境コーディネーターって?

高齢者や障害者の方に対して出来るだけ自立した生活を送れるよう、住環境に関するアドバイスを行なうのが福祉住環境コーディネーターです。
それぞれの状態に合わせた適切な住宅改修プランの提示を行なう必要がある為、福祉だけでなく医療や建築についての幅広い知識が必要となります。
また、住宅改修だけでなく、介護用品や生活品等に関してのアドバイスも大切な業務の1つです。

福祉住環境コーディネーター2級以上の資格保有者になると、ケアマネージャーや理学療法士、作業療法士と同じく、介護保険制度を利用した住宅改修理由書の作成が行なえます。

例えば手すりの設置1つでも、知識が無いとただ設置すればいいと考えてしまいがちですが、福祉住環境コーディネーターに相談すると、高さや素材、設置場所のアドバイスもしてもらえるので、有意義な介護リフォームが行なえるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事