バリアフリーリフォーム減税とは?

特定のバリアフリー改修を行なうと適用できるお得な制度として是非活用したいのが「バリアフリーリフォーム減税」です。
一定のバリアフリー改修工事を行ない、その年度の確定申告で必要な手続きを踏むことで、その年の所得税から一定額が減税されて還付金という形で戻ってきます。

適用対象となる工事の一部をご紹介すると、通路の幅を広げたり手すりを取り付けたり、段差を無くしたり、滑りにくい床材に取り替えたりというものが当てはまります。
他にも多くの対象工事がありますが、いずれの場合もどれか1つに対してのみ適用可能です。
また適用条件として、50歳以上であること、要介護者または要支援認定者、または障害者の方であること、若しくはこれらに該当する親族や65歳以上の親族いずれかと同居している方が挙げられます。

更に工事が完了した後の翌年の固定資産税の減額も可能ですから、こちらに関しても是非利用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事