介護リフォーム助成制度の限度額

自宅での介護を考えたとき、段差を無くしてバリアフリーにしたい、手すりを付けて安全に動けるようにしたいという場合には住宅改修が選択の1つに挙がります。
住宅改修は住宅の改修費を20万円まで支給してくれるサービスですが、費用の1割、収入によっては2割の負担が必要となります。

その住宅に住む介護保険認定を受けた被介護者に対して適用され、最終的に自己負担分を1割を差し引いた18万円が支給されます。
原則1度のみ利用できる制度ですが、要介護度が3以上あがった場合、引っ越しを行なった場合には再度20万円の支給を受けることが可能です。

改修費用が20万円を超える場合には、超えた分については全額自己負担となってしまいます。
しかし、お住まいの地域によって独自の補助制度が用意されている事もありますので、ケアマネージャーか市町村窓口に問い合わせて相談してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事