介護リフォームと介護保険・助成金制度

介護保険を利用して介護リフォームを行なった場合、助成金が発生するということはあまり知られていません。
これらを上手く利用できれば場合によっては介護リフォーム費用の9割を負担してもらえる事もあるので、実際に介護リフォームを行なう時には良くチェックしておきましょう。

介護リフォームの助成金を貰う為には、要介護認定を受けていてその本人が住んでいること、助成金の限度を超えていないこと、対象となる住宅改修であることが必要です。
どんな種類のリフォームでも助成金が発生する訳ではなく、20万円以内の介護リフォームで無ければならない点は見逃しがちなので注意してください。

対象となるリフォームは、手すりの取り付けやバリアフリー、扉や便器の取り替えなどの内容になるのでよく確認しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事