介護リフォームで段差解消、手すりを取り付けよう!

介護リフォームをするなら、手すりやバリアフリーを取り入れて、住み慣れている自宅の安全性を高めて自立した生活ができるようにしましょう。

玄関周りは段差のある家が多いですが、高齢者で上がり下がりが難しいという場合には、踏み台を設置する事によって負担なく上がり下がりができるようになりますよ。

それでも段差の上り下りが困難だという場合には、壁に手すりを設置する事によって掴まりながら移動する事ができるようになるのです。

フローリングの床に段差がある場合には、既存の床に重ね張りをして段差を少なくする事ができますし、小さな段差が不安という場合にはスロープを取り付ける事によって解決できますよ。

開き戸よりも折り戸の方が安全性が高いとの事ですし、浴室にも手すりを取り付ける事によって転倒防止や出入りがしやすくなるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事