介護リフォームで介護保険給付が受けるなら

介護保険で住宅改修をしようと考えているなら、正しい知識を身につけておくと良いでしょう。

滑りやすい床を歩くのは危ないですから、滑りにくい床材に変更する事もできますし、手すりを取り付けるなら、壁の下地を補強する事によって安定感と安心感がアップしますよ。

寝室の近くにトイレを増設する事は介護保険ではできませんが、これによって夜間もスムーズに排泄できますし、開き戸を引き戸に変更したり、和式トイレを洋式トイレに変更するのがオススメなのです。

段差がある場所には台などを設置したり、介護保険では利用できませんが階段に昇降機を設置すると良いでしょう。

介護保険は20万円まで補助金が支給されますので、必要なリフォームを行って自宅で快適な暮らしを実現しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事