バリアフリーの介護リフォームにはどんなのがある?

自宅での介護など将来を考えているなら、介護リフォームでバリアフリーの工事を行い快適に過ごしましょう。

介護リフォームでは、車椅子でも出入りできるように玄関などにスロープを設置したり、転倒防止のために段差を取り除いたり、開きドアから引き戸に変更するというのも良いのだそうです。

自宅で動きやすいような動線の配置に変更したり、トイレや浴室や廊下などで住んでいる高齢者に負担がかからないようなリフォームを行う必要があるのです。

介護リフォームは安全や安心が手に入りますし、条件さえ満たしていれば介護保険の助成金でリフォームを行う事もできますから、介護リフォームを行っている業者や市役所などに相談してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事