介護リフォームの重要性とは?

片麻痺など身体的な状態によっては普通のトイレなどを利用するのは難しいですから、介護リフォームで使いやすいように改善する事が大切なのです。

麻痺がある場合には、トイレでは座るときも立ち上がる時も支えになる手すりがなければ動作が難しいですし、麻痺側を引き寄せたり動かす時には、手すりも立て手すりと横手すりの両方を設置しておく事が大切なのです。

扉についても、開き戸だと使用する際に1歩下がる動作が必要になりますし、もしトイレで倒れてしまったら開き戸だと体が引っかかって開かないという事があるそうなので、引き戸にリフォームするのがオススメですよ。

引き戸だとしても、下側にレールが付いていると段差になってしまい転倒の原因になりますのでフルフラットが重要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事