浴室に手すりを取り付けてみよう!

滑りやすくて危ない浴室には、後付けの手すりを取り付けるのがオススメですから、浴室の広さや利用する人の体格に合わせて手すりを選びましょう。

利用する人の身長に合わせて取り付ける位置を決めたら、壁に穴を開けるのですが手すりを固定するためには下穴にシーリングを使い、ビスを止める箇所全てに施工をしましょう。

手すりによってネジの大きさなどが異なるため、使用する工具は異なるかもしれないので、自分で取り付けるなら工具が必要ですよ。

手締めを行って必要な箇所にネジを取り付けたら、手すりがキチンと水平になっているかどうか専用の器具を使って確認して、緩みがないようにネジをしっかりと閉めたら完成ですよ。

本来は業者に依頼するのが確実ですが、自分でも取り付けられるなら、ぜひこの方法を参考にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事