介護保険制度を活用してリフォームしよう

介護保険制度を利用して介護リフォームしようと考えているなら、ぜひ知っておくべき知識がありますのでご紹介いたします。

この制度を活用する事により、1割負担で自宅をバリアフリーにすることができるようになりますし、安全かつ快適な生活環境を作ることができるのです。

介護保険制度を活用するなら要介護認定を受けている必要があり、対象になる工事は手すりの取り付けや扉を引き戸へ取り替えたり、段差の解消や床の滑り止め、トイレの便器やその他の介護で必要な住宅改修を行うことができますよ。

支給額は、消費税込みで18万円という上限があり、工事費20万円の工事を行ったら9割を支給してもらえますので、自己負担額は2万円でご利用できるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事