介護リフォームについて考えよう

日本では平均寿命が長いですが、健康寿命はそれよりも9〜13年程度少ないそうです。
つまり、9〜13年程度は介護を受けながらの生活を送っている人も多いということですが、老後に在宅で生活したいという方には暮らしやすくするために介護リフォームを利用するのがオススメなのです。

超高齢化社会になり、施設の受け入れ人数にも限りがあるため在宅で介護が必要になりますが、リフォーム工事には幾つかの種類がありますよ。

玄関やトイレ、浴室や階段に手すりを取り付ける改修や、ドアを引き戸に交換して開けやすくしたり、部屋の段差や階段の勾配を改善したり、廊下を広くして車椅子でも通りやすくするのです。

例えば、移動が困難な場合にはベッドの近くにトイレを設置するという事例もあるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事