介護保険制度を利用しよう

介護リフォームを利用するなら介護保険制度の居宅サービスの保険給付を活用するのがオススメですが、住宅改修は利用者が直接受けるのではなく、住んでいる住宅を介護しやすいよう改修するのです。

サービス内容としては、自宅の小規模な改修のみですから、新築を建て替えることには利用できないのです。

支給限度額が20万円までに定められていて償還払いであり、自己負担額は2万円までなのです。

玄関や部屋の段差、トイレや廊下や階段の手すりなどの改修を行うことが多く、開き戸を引き戸に取り替えることによりドアが、介護が必要な方でも開けやすくなりますよ。

一人につき一生で20万円までと決められていますが、障害のレベルが重くなった場合には、再び支給を受けることができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事