介護改修のポイントとは

片麻痺など、高齢に伴い体を動かすことが困難になってきたなら住宅改修がオススメですから、手すりやトイレやお風呂など日常的に使用する部分を介護改修してみてはいかがでしょう。

玄関では、靴を脱ぐのが苦手という人には段差を利用することにより、座りながら履き脱ぎすることができますよ。

階段の手すりは、片麻痺の人だと左右に付いていないと不便ですから、昇り降りのために両側に設置しておき、登りきった後にも手すりがあると安心して移動することができるのです。

立ち座りが必要なトイレにも手すりが必要ですが、空間が狭いので階段や廊下のように両側に手すりを付けなくても良いでしょう。

使用する個人に合わせてバリアフリーの改修を行うことができますので、介護保険を活用して改修してみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事