住宅改修制度を利用してリフォームするなら

自宅を介護リフォームして高齢者が暮らしやすい環境を整えたいと考えているなら、介護保険の住宅改修制度を利用すると良いでしょう。

介護保険の対象工事は幾つかあり、1つ目の手すりの取り付けは、玄関やトイレや浴室などの高齢者の動線に取り付けることによりスムーズな移動が叶いますよ。

2つ目の段差の解消は、玄関に踏み台を設置したり、トイレや居室など高齢者の動線に関わる所の段差を解消することができるのです。

3つ目は滑ることを防止したり移動の円滑化のために床材を変更することができるので、浴室のタイルを滑りにくい物に変えることができますよ。

開き戸から引き戸へと扉を取り替えることもできますし、昔ながらの和式便器から洋式便器に取り替えたり、それ以外にも必要な工事をご利用いただけるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事