介護保険で介護リフォームしよう

介護保険で利用できるサービスは色々ありますが、今回は住宅改修についてご紹介いたします。

住宅改修は、手すりを取り付けたり、段差を解消したり、滑り防止のために床材を変更したり、開け閉めがしやすい引き戸の扉へ取り替えたり、便器の取り替えを行うことができますよ。

他にも、日常生活を送る上で必要な工事をご利用いただけますが、これらを要介護度の利用者さんが行った場合に介護保険を給付してもらえるのです。

手すりの取り付けでは壁に穴を開けたりしますが、工事を伴わない場合には住宅改修と認められませんので、据え置き型の介護用具を設置するだけでは福祉用具になりますよ。

段差解消では、玄関の段差をスロープにするなどのバリアフリー工事が該当しており、リフトなどの動力を使う機械は住宅改修には含まれておりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事