住宅改修の大切さ

在宅介護を考えているなら、高齢者が住みやすいように介護リフォームするのがオススメですから、今回は住環境の整備についてご紹介いたします。

近年では、新築の住宅にバリアフリーを取り入れている場合が多いですが、もともと住んでいる住宅で介護を行うなら、建て替えるのではなく、その身体状況などに応じた介護リフォームが必要なのです。

日本の住宅は介護を行う上で幾つか問題点があり、木造住宅の特徴として屋内に段差が多いため、歩行器や車椅子での移動が困難ということです。

高齢者は在宅時間が長くて、年齢とともに自宅での事故も増加していますので介護リフォームは必要ですよ。

介護リフォームを行うことで、心身の自立を促したり、家族の関係を円滑にすすめることにも繋がるので、在宅介護がしやすい環境を整えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事