低価格でトイレリフォーム

トイレの介護リフォームをする時には、トラブルを防ぐ為にまず多くの業者から見積もりをもらって大体の適正価格を知ることが大切です。

トイレで行なう可能性のある介護リフォームというと、まずは広さを広げる、そしてバリアフリーにする、手すりを設置する、便座の見直し、滑りにくい床にする、そして見落とされがちな洗浄レバーやボタン、ペーパーホルダーと簡単に挙げただけでも多くの箇所があります。
これら全ての作業がそれぞれ違う金額、更に業者によっても違うため、見積もりは非常に大切なのです。

一般的な相場の例を挙げますと、例えば一番多い手すりの設置なら壁の補強を含めて5万〜10万円程度、ドアを引き戸にするなら10万円〜20万円程度が大体の相場です。
1つ注意しておきたいのが便座やウォシュレット等の設備面で、これはグレードやメーカーによっても価格が大きく変わるため、金額だけで判断せず、必要な機能のついた設備であるかどうかも確認してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事