手すりの取り付け位置や選び方が重要!

加齢や疾患により、体を思うように動かすのが難しいけれど、住み慣れた自宅で暮らしたいと考えているなら、介護リフォームで手すりを取り付けるのがオススメですよ。

介護保険を利用して業者に依頼し、介護のためのリフォームを行うことができますが、手すりには2種類の太さがありますので、手すりを購入する際には付ける場所に合わせて選ぶようにしましょう。

また先端部分の形状にも、先端が曲がっている物やまっすぐになっている物があり、まっすぐの方は衣類が引っかかりやすいという特徴がありますよ。

さらに、手すりの長さにも種類がありますので、付ける場所や使用する人の身長に応じて選ぶと良いでしょう。

業者に頼まずに取り付けを行う場合には、ドリルドライバーやメジャー、下地探しやプラスドライバービット、マスキングテープと壁裏センサー、鉛筆を用意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事