自分でできる?手すりを取り付ける方法

高齢になり、思うように体を動かせなくなってきたなら、住み慣れた自宅で永く暮らせるように手すりを設置するのがオススメですよ。

手すりを取り付けることにより、自宅での転倒を防止することができますし、スムーズに移動できるようになりますから寝たきり予防にも繋がるのです。

手すりは業者に依頼するだけでなく、自分でも簡単に取り付けることができますから、使う人が掴みやすいように取り付ける場所を決めましょう。

取り付けに必要な道具として、プラスドライバーやコンベックス、キリやマスキングテープ、水平器やピン式下地探し機、電動工具を用意しましょう。

下地を探して、取り付け位置を決めてから取り付けを行いますが、縦向きの手すりは動作の補助に適しており、立ち座りもスムーズにできるようになりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事