室内に手すりを付けて転倒防止!

高齢になり、自宅での生活も難しいと感じているなら、まずは介護リフォームで転倒防止や歩行介助に役立つ、手すりを室内に取り付けてみてはいかがでしょう。

介護リフォームが必要な方の身長や症状を考慮しつつ、適切な位置に手すりを取り付けていきますが、手すりの長さが1mを超える場合には、中間の部分に補助金具などを均等に取り付けて固定し、安定させるのです。

家屋の壁内部の下地によっては、素材を考慮して補助板などを活用して取り付けを行うことができるのです。

自分や家族で取り付けを行うよりも、介護保険を利用してリフォーム業者に依頼すると、経験豊富な職人が丁寧に施工してくれますので、ぜひ窓口などで相談してみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事