介護保険を利用してリフォームしよう

住宅を介護しやすいように改修するなら、介護保険を利用するのがオススメですから、家族に要支援や要介護の認定を受けた方がいる場合にはぜひ参考にしましょう。

介護保険を利用することにより9割を支給してもらえますので、自己負担額は1割になり、介護保険で20万円の工事を行った場合には、18万円が支給されますので、1割である2万円の自己負担で改修することができるのです。

介護保険では20万円の支給が上限になっていますが、手すりの取り付けや床の滑り防止、段差解消や引き戸などの工事を行う際には介護保険を使うことができるのです。

まずは、ケアマネージャーや業者に相談したら、不便な箇所を理解してどこを直すべきか自宅の調査を行い、申請のための書類を作成し、申請が承認されるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事