使い勝手の良い手すりを選ぼう

体を思うように動かしにくくなっても、住み慣れた自宅で暮らしたいと考えているなら、介護保険を利用してリフォームすると使い勝手が良くなりますのでオススメですよ。

手すりにも種類があり、使用する人が掴みやすい形状の物を選ぶ必要があります。

縦手すりは、身長は気にせず好きな高さで掴むことができますし、上半身を真っ直ぐに保つことができますから、ふらつきにくい人に適していますよ。

横手すりは安定感がありますので、足腰に力が入りにくい方にオススメですし、両手で掴むことができるのです。

浴室のドア付近や浴槽の出入りのための手すり、洗い場での立ち座りのための手すりや、浴槽内で立ち座りするときにも手すりがあると便利です。

手すりは、使用する人の身長や使い勝手の良さを考慮して、取り付ける位置を決めると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事