介護保険対象の介護リフォーム内容

介護の為のリフォームを行なう場合、介護保険の対象になる場合があります。
今回はどういった内容のリフォームが介護保険の対象になるのかをご紹介していきたいと思います。

介護保険が使われるリフォームの内容で最も多いのが、玄関や浴室、トイレなどに取り付ける手すりの工事です。
続いて多いのが室内の敷居や段差がある場合の解消、そして他にもトイレを洋式に変更したり、床材を滑りにくい材質のものに変更したりという内容も対象にあたります。
また細かい所だと、扉やドアノブを取り替えたりする、またこれらを行なう為に壁の下地補強をしなければならないというような関連して必要な工事にも介護保険が適用されます。

他にも意外な部分で対象になることがあるので、実際にリフォームを考える時にはケアマネージャーや工事を行なう工務店などに話を聞いてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事