介護向けお風呂のバリアフリーとは

入浴は体が思うように動かせない人が入るのはとても危険ですから、介護向けのバリアフリーに改修する必要があるのです。

浴槽はお湯を貯めておく必要があり高さがあるため、またがって入るのが大変だと感じている方も多いかもしれませんが、浴槽の縁の高さを低くすることにより、膝や腰に負担をかけることなく簡単に入ることができるようになりますよ。

さらに浴槽の近くの壁に滑りにくい手すりを取り付けることで、入る時や出る時に安定感があるので、安心してバスタイムを楽しむことができるのです。

冬場は浴室が冷え切っているものですが、それを防ぐ床専用のシャワーを取り付けることで、足元も暖かくなり快適に入浴することができますから、リフォームの際に色々と参考にしてみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事