介護リフォームで不便を解消する

介護リフォームは、住んでいる高齢者が快適に過ごせるよう介護保険を利用して改修することですが、リフォームすることで日々の生活の中にある不便を解消することにも繋がるのです。

自宅の玄関前では、高齢者が夕方の暗い時間帯や帰宅時に転倒してしまう危険性がありますが、手すりを取り付けることで転倒を防止することができるのです。

手すりは利用する人の身長や病状に合わせて高さや位置を決めていて、玄関だけでなく、トイレ付近や浴室など室内にも設置して転倒を防ぐことができますし、リフォーム後はスムーズな移動ができるようになりますよ。

段差の解消も転倒防止に繋がりますので、スロープを設置することで解決することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事