トイレに手すりをつけてリフォーム

年を取っても慣れ親しんだ自宅で生活したいとお考えの方は、ぜひリフォームを行って介護しやすい環境を作ってみてはいかがでしょう。

トイレに手すりを取り付けておくと、着座の状態から手すりを活用してスムーズに立つことができるのです。

手すりはリフォームの業者に依頼するか、ホームセンターなどで手すり部品を購入して自分で取り付けるという方法もありますが、手すりを取り付ける位置や高さは実際に手すり利用する人が使いやすくなるように確認を行いましょう。

手すりを頑丈にするために補強板を固定してから、手すりを垂直に取り付けていき、頑丈さを確認したら完成です。

介護リフォームを行う場合には介護保険を利用できますので、ご自宅を改修してみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事