高齢者が住みやすいリフォームとは

愛着のある我が家で、何年も暮らしていたいとお考えの方も多いかもしれませんが、加齢などにより体が思うように動かせない場合にはバリアフリーにリフォームすることで、一人暮らしの高齢者でも安心して暮らすことができるのです。

古い家では、トイレの扉部分に段差ができていたり、手すりもなくて使い勝手が悪いというご家庭も多いですが、トイレ自体の広さや場所を変更しなくても介護に適したトイレへとリフォームすることができますよ。

トイレでは段差を解消するだけでなく、便器を最新の物と入れ替えたり、手すりや手洗い場も使用しやすい位置に設置することで煩わしさもなくご使用いただけるのです。

浴室と脱衣室は広さ自体を思い切って変更することで、介助しやすくなりますし、ゆったり入浴することができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事