介護保険を使って住宅改修しよう

介護保険制度でご利用いただける住宅改修は、住み慣れた家で暮らしたいと考えている高齢者の願いを実現させることを目的としていますが、よくある日本家屋は段差が多くて高齢者に負担がかかってしまう作りが多いのです。

膝や腰などが悪い高齢者が、和式トイレの使用が苦痛なために、ポータブルトイレや紙おむつを使用するというのは、介護保険の上手な活用とは言えませんので、在宅での日常生活で快適に暮らせるよう住宅改修がオススメですよ。

住宅改修は、1つの建物につき20万円までなら1割もしくは2割の負担でご利用いただけますが20万円を超えた場合には、全額が自己負担になりますので注意しましょう。

施設を利用すると介護費用がかかってしまいますので、介護保険を上手に利用してリフォームしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事